カタナ スズキ

新型「スズキ KATANA(カタナ)」!伝説のバイク刀が復活!

自動車, 趣味/エンタメ

スズキ伝説のバイク「刀(カタナ)」がついに公式復活!

長年、噂になっていて、ファンによるイメージなども作られてきたニューカタナ。
ついにスズキが公式に新型「KATANA」を発表しました。
発表した場はドイツケルンで開催されている二輪国際見本市「インターモト」にて。

すでにネット上にはプロモーション動画も公開されており、特設ページ(英語)も開設済み

スズキカタナ2018

スズキカタナ2018、その2


カタナといえば、1980年に発表されてはや38年を迎えるバイク。
その先鋭的なデザインはいまなお伝説のバイクとして人気があります。
ばくおん!!の影響で再人気にも火が付きましたよね。スズ菌なんて言葉も。。。

そのデザインを雰囲気そのままに「GSX‐R1000」をベースとしてまさに「カタナ」として仕上がっています。スペックは以下の通り

  • サイズ:全長×全幅×全高=2125×830×1110mm
  • ホイールベース:1460mm
  • 車重:215kg(装備重量)
  • エンジン:999cc 水冷4ストローク直列4気筒エンジン
  • 最高出力:150ps(110kW)/10000rpm
  • 最大トルク:108Nm(11.0kgm)/9500rpm

 

 

新型カタナの発売は2019年春より欧州での販売開始予定。価格は未定。

価格は未定ながら、GSX-R1000ベースで考えると、エントリモデルで150万程度、R1000Rに機能他近づけてくるなら200万越えとなりそう。
ただし、ライバルと目されるKAWASAKIがZ900RSが130万程度なのを考えると、その近辺で落ち着くのかもしれません。どちらにせよ、GSX-1000にプレミア価格が上乗せされた値段となる模様。

【参考に】
>>KAWASAKI Z900RSのページ
>>SUZUKI バイクラインナップ(401cc以上)

KAWASAKIがZ900RSを出して人気を博したように、懐古主義ならぬ温故知新でバイク業界も進んでいるようです。ま、大型は年齢層高めですしね、、、。

ただ、車と違って、ハチロクが復活で前々雰囲気かわって名前だけだったのとは違い、Z900RSや今回のKATANAを見ても、雰囲気もバッチリ、復刻&新型とファンも納得の仕上がりではないでしょうか。

個人的には最近のバイクの傾向尻上がりというか、尻切れというか後部がもうちょっと何とかならないものかとは思いますが。

>>スズキ・カタナ公式ページ(英語)


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA