2016
02.20

【東京オートサロン2016】派手車紹介

イベント

東京オートサロンといえば、かつてはDQN(ドキュン)の祭典として有名でした。
いまもその名残はあるけれど、だいぶマトモになってしまって、少々さびしい感じもいたします。

本気時では、東京オートサロンらしい「派手車」テキトーにご紹介したいと思います。

まずなんていってもコレですよ!!キラキラ!!
DQNはヒカリモノだいすきだよね!光によってくるよね!

ラメラメに型落ちベンツとはおっさんヤンキーが好みそうないいチョイスではないか!

さすがわかってるなDQNご用達ブランドDAD、やるな!

DSC_0379

DSC_0381

 

いくつになっても手癖の悪い連中がつかまらないようにきちんと配慮してショーケースに入れてる。そういえばオートバックスでもDADだけケース入りだな。ほかにも同じ値段のものなどいくらでもむき出しなのにアレだけ。もってかれちゃうからな。

タイ━||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||━ホ…

DSC_0386DSC_0384 DSC_0385

ま、好みはひとそれぞれですけどね。

 

さて、次の派手車はすごいよ。 DSC_0419

見てコレ、金の彫刻!黄金のGT-R!!

百式かよ!公道はしれるのかこれ?

聞いておののけ、お値段なんと59,000,000円

 

DSC_0422 DSC_0423 DSC_0424 DSC_0425 DSC_0426

ほら、ペイントやシールではなく、彫刻としてちゃんと仕上げてるでしょ?

さらには、エンジンまで金ぴか!

DSC_0418

これはすげーわ。ゴールドとシルバーのGT-Rとがありまました。
詳しくは、エアロパーツメーカーのKUHLのサイトを見てね

中国人がバシバシ写真とって興奮してました。彼らは金ぴかに目がないというか、宗教チックにゴールドを崇拝する傾向にあるんでたまらんでしょう。

店員さんに話を伺おうとおもったら、わかる人だけにわかってもらえればいい的なこといっててすげーそっけなくて、貧乏人お断りスタイルでした。残念。

▼つづきます。

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA