2017
07.14

【レビュー】ダイソン・ホットアンドクールは評判ほど有能か?!

その他

おしゃれさんの間で話題のPure Hot+Cool(ピュアホットアンドクール)

ネットでもすごい人気ですよね。価格.comでは1位だとか。

で、我が家にもあるのでレビューしてみたいと思いました。
ネットであまりにも人気なのでディスりたいなぁという欲望もうずうずしてきまして。

dyson Pure Hot+Cool link

 

デカくて重たいが、さすがダイソン、ダントツおしゃれ!

意外に重くて、取っ手がないから丸いとこをつかんで移動する。
コンパクトで場所を取らないように見えて、けっこう邪魔な時もあるかな。

でも、おしゃれさはダントツ。来客とかあったらみんなこれ見る。
そして手を突っ込んで喜ぶ。さすが話題の羽なし扇風機。

ダイソン羽なし扇風機

でも、

実は、たいして涼しくもないし、温かくもない

いまこの記事書いている時点で7月も中旬の猛暑日が続いていますが、これ1台では対応が難しい状況です。
風量が最大10段階設定できるんですが、10にして真ん前占拠すればなんとか、という感じ。
家族がいたらこれだけだと、いろいろまず無理。2980円の扇風機にコールド負け。

寒い冬も同様です。これ一台で乗り切るのは、はっきり言って無理。

消費電力は以下の通り。涼風(扇風機代わり)の場合はさほどでもないんだが、温風の場合はエアコンなみなので、ならエアコンのほうが効くと思われる。

・涼風モード 最少5 w/最大44w 
・温風モード 1,200w

実用性重視の買い物ならダイソンのホットアンドクールじゃない、という感じ。

ただし、

空気清浄機能が「すごく」よさげ

公式サイトにいろいろ理屈が書いてありますが、PM2.5なども防いでくれる空気清浄機能のようです。
最近は日本全土まであたりまえにPM2.5の範囲になってしまって、天気予報にも注意喚起が出てくる感じですよね。

ピュアホットアンドクールは小さいながら全方位吸引型の空気清浄機なので、けっこう広い部屋でもきれいにしてくれます。わかりやすい公式動画貼っておきますね。

 

今、室内がきれいかどうか清浄状態はスマホでチェックできるのもよいです。

ダイソンホットアンドクール、スマホ操作

空気清浄ですからとうぜんフィルタがあります。
そのフィルター交換目安は4300時間なので、一日12時間つけっぱで1年程度です。
フィルタは6000円もするので高いです。代替品も出てなさそう。これがネックです。
消耗品はやすくしてほしいよね、やっぱり。

高いが、空気清浄機としてはよさげ。扇風機とヒーターはおまけみたいなもんか。

 

スマホ操作もできるし、リモコンまわりが便利!

今風なかんじではありますが、スマホから操作できます。
空気清浄機能は、きれいかどうかも表示してくれていい感じ。

リモコンはあたまにピタッと磁石で引っ付く感じなのでなくすことはないでしょう。便利です。

ダイソンのクール&ホットのリモコン

 

保証がめちゃくちゃよさげです!

もしも壊れたときに、72時間以内に回収して修理して戻ってくる、とのこと。

しかも、製品登録すると、保証期間は2年もあります。すごい!

ダイソン2年保証

 

Pure Hot+Cool(ピュアホットアンドクール)

そんな感じの製品です。

価格が高いのがネックですね。小さいので6万円します。

暖房器具としてよりも、空気清浄機として見て、扇風機と温風機がおまけでついている、と考えたほうがいいかと思います。
インテリアとしてはかっこいいし、よいインテリアを置きたいお金のある人は買えばいいんじゃない?っておもいます。

っ実用メインの人は、扇風機+エアコン+カーボンヒーター+空気清浄機のほうが間違いなく幸せになれますよ。

 

以上、ご報告申し上げます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA