2017
08.21
ワーゲンバス復刻

新型ワーゲンバス発売決定!「I.D. Buzz」市販化、2022年頃!

自動車

あの「ワーゲンバス」が新型車として復刻のニュースが飛び込んできました。

北米国際オートショーでコンセプトカーとして発表された「I.D. Buzz」(新型ワーゲンバス)をEVとして2022年に発売とのこと。新し電動車用の新プラットフォーム「モジュラー・エレクトリック・ドライブ(MEB)」がベースとして、I.Dシリーズの一員として発売される見通し。

フォルクスワーゲンは、ビートルでおなじみのごとく、レトロな雰囲気をまとわせながら現代社として復刻するのが上手。「I.D. Buzz」もワーゲンバスの特徴をよく残しながらリファインされたモデルとなっている。

下記、1本目はコンセプトムービーだが、2本目は実車が登場する(2017.8)

インテリアが奇抜で未来的すぎる感があるので、こちらは市販にあたって大きく変更される可能性はある。
ただ、先般来報道が相次ぐ、イギリス・フランスの2040年までの化石燃料車の廃止宣言や、新型アウディA8を皮切りに発売される自動運転車路線を視野に入れて、2022年の発売時に先進的なエクステリア・機能を満載して登場することも考えらえる。

ビートルが美しい外観を伴いながら、ガタイがデカすぎるとか、内装べたべたするとか、中狭い・後ろ窮屈だとか、いろいろあるけど、一輪挿しを含めてとてもいい車ですばらしいリファインだというのは言うまでもありません。ファッションにはある程度我慢も必要なのです。

新型ワーゲンバスの前景

 

時代を超えて人気のワーゲンバス

ワーゲンバスといえばおしゃれさんご用達、オリジナルは古すぎて、、、という方でもサンバーバンをワーゲン風に改造した車などもあり、とても時代を超えて人気です。
中古車もよくみかけますし、カスタムしてくれる会社などもけっこうありますね。
愛好家も多く、コミュニティーなどもあるようです。

 

下記は実際にオリジナルのワーゲンバスを2台所有している方の動画、あらたに購入しようとしている人向けのわかりやすい実体験に基づいた動画。

 

フォルクスワーゲン社もかなり旧ワーゲンバスを大事にしている様子。

https://twitter.com/VW/status/898983000154677248

2022年まであと5年もあり先は長いですが、市販車に向かってどのような仕様になるのでしょうか。楽しみですね。

現代のハコスカ日産IDxも発売してほしいなぁ。

 

以上、ご報告申し上げます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA