アサシンクリード ヴァルハラ DLC パリ包囲戦 評価 感想

趣味/エンタメ

ヴァイキング生活が楽しめるアサシンクリード・ヴァルハラ

 

いわずと知れた名作ゲーム「アサシンクリード」の最新作ヴァルハラとは、北欧神話&ヴァイキングをテーマにしたオープンワールドゲーム

今作はセールスも好調でアサクリシリーズで一番の売り上げとか。「Vinland Saga」の影響で日本でも一定の認知をヴァイキング。ノルウェーなどの北方民族たちが略奪三昧の9世紀が今回の舞台。ちなみにタイトルにあるヴァルハラとは、勇敢にたたかった戦士たちのみが行ける戦士専用天国のことです。

本編は「PlayStation 4PlayStation 5Xbox OneXbox Series X/SMicrosoft Windows」で遊べます。ちなみにGoogle StadiaAmazon Lunaなどのクラウドゲーミングも可能ですがこれらは日本ではまだサービス開始されていません。

 

ゲーム本編はめちゃくちゃ面白くて、オープンワールドを自由に探索し、様々なミッションをこなしたり、今回はヴァイキングの象徴である「略奪」もできコレがめちゃくちゃ楽しいのです。

実際の略奪はそれはそれは悲惨なものなのでしょうが、ゲームではさすがに女子供まで虐殺のようなグロ映像はありません。主に敵である成人男性の手足首が血しぶき挙げて飛ぶくらいです。

さらに略奪に加え「攻城戦」などもあり、歴史好きとしてはたまらん魅力がたっぷりなので、歴史好きはぜひやるべき。日本や中国を舞台にして攻城戦やっってほしいなぁ。

 

【DLC「パリ包囲戦」の評価と感想 】

さて、アサシンクリードヴァルハラも、発売から約一位年がたち2つのDLCが出ました。第一弾はアイルランドをテーマにした「ドルイドの怒り」、そして第二弾が満を持して発売された「パリ包囲戦」です。

第一弾の「ドルイドの怒り」では、シリーズを通したテーマである現代パートや「かつて来たりし者」の描写が薄かったので、第二弾ではシリーズとしての物語の進展に大いに期待が持てました。

 

 

パリ包囲戦は歴史に名高いヴァイキングによる戦いで、大型DLCになるということで、物語を大いに進める期待が大きかった。

 

しかし、現代編・未来編ともに進展は皆無でした!

全くない。いまのところ(2021/08現在)。全クリしましたが、影も形もない。

事前に予想されたところでは、前作アサシンクリード・オデッセイの主人公(アレクシオす/カサンドラ)が出てくるんじゃないか、などと言われましたが出てきません。まだこの時代には全然生きてるはずなのにねぇ。

ストーリーは劇中人物のみで完結します。正直なところ、同じようなシチュエーションでも同じようなミッションばかりになるので、面白みもありません。

いや、ゲーム自体は面白いですし、本編だけやるなら現状で最高のアサクリ作品だと思います。しかしながら、DLCは2作ともイマイチな評価です。大型DLCというはわりにマップも広くないし、心打つイベントが多いわけでもない。あちこち行かされて主人公たらいまわしの上、平和に穏便にやっていきたいという主人公エイヴォルの思いも行動も大いに空回りします。

そして結局、最後は戦争して終わるんですが、攻城戦も本編でやったときこそおもしろかったが、見慣れた今となっては、、、、

ラスボスもなんかイマイチでしたし、倒して当然次があるものだと思ったらあっさり終わり。びっくりしました。

 

前作オデッセイのDLCが最高すぎたので、今回のDLCは残念な感じが否めません。前作は天国と地獄、アトランティスなど、舞台からしてがらりと変わりわくわくさせてくれるものがありました。しかし今作はアイルランドやパリに移動しても似たような景色の中で似たようなことを繰り返すばかりの物語です。正直、飽きる。

さらには何の感動もない。ただパリ包囲戦に参加しただけ。大儀とかもない。前作オデッセイは感動の2段ラスト。子を見送る母の愛、後世に託さんとする強い責任感、素晴らしかった。

ヴァルハラはゲーム自体はよかったのに、ストーリーがどうもイマイチ。DLCで感動の大団円になると期待したファンも多かったろうに。

 

現代編などの進展が全くでなかったこと、ヴァルハラが無茶苦茶売れたことなどを考えると、DLC第三弾もあり得えるかもしれません。

いや、なかったらやばいだろこの状態で。エイヴォルの墓の説明とかついてないし。

 

現状ではこのDLCは評価が低いなぁ。

 

もちろん本編は面白いですよ。いや、本編のみ面白いですよ。やってない方はぜひ。

アサシン クリード ヴァルハラ -PS4

アサシン クリード ヴァルハラ -PS4

6,140円(10/15 16:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA