仮想通貨・ビットコインバブル崩壊

仮想通貨バブル崩壊!各国が規制!それでもビットコインもマイニングもなくならない理由

テクノロジー

仮想通貨バブル、いわゆるビットコインバブルが2020年5月に崩壊しました。

一時は1ビットコインあたり約700万円までに高騰していたものが、5月末時点では390万円までに下落しています。

バブルが崩壊したのは5月12日から5月19日にかけての1週間。仮想通貨で一儲け狙っていて痛い目を見た方も少なくないでしょう。

「マイニング勢ざまぁ」になったのか。

残念ながらマイニング勢はあまり普段と変わっていない様子です。暴落時は取引が増えたためマイニングはむしろ盛り上がっていました。
暴落前後では下記のように、nibehashでは収益が爆増した一面もありました。

マイニングうはうは小遣い稼ぎ

現状でマイニング収益は2割程度落ちているものの、それでもまだまだグラボを買ってマイニングすれば1年で元が取れるどころか儲かるレベルなので、マイニングの勢いはしばらくは落ちそうにありません。

 

「仮想通貨バブル崩壊の原因」は何か。

テスラのイーロンマスクがビットコインを非難したりテスラでのビットコイン支払いをやめたりしたことや、中国が仮想通貨を認めないことを発表したことなどが直接の原因です。
ただ、その前提として、仮想通貨の価格が上がりすぎたことがありました。2020年5月の時点で1ビットコインあたり70万円だったものがわずか一年で700万円にまで高騰したのですから、人々が「そろそろビットコイン(仮想通貨)はヤバい」という心理になっても不思議ではありません。初戦相場は心理ですから。

膨れ上がった泡がパンと弾けたがごとく、わずか一週間で半額にまで落ちる大暴落。

6月に入って少し持ち直してきているものの、メディア各社では「崩壊する」が圧倒的な見方になっています。まぁ、メディアというものは危機を煽るのが商売・習性ではありますが。

 

仮想通貨の今後の行方

筆者は今後下げはあっても、結局はこの300万円から400万円をキープしていくのだと思います。大崩壊はありえないと思っています。なぜなら、そもそも大崩壊なら6月に入っても下落トレンドが続くはずですが、それが全く見えずむしろ上昇の勢い強いから。

なぜ上昇の勢いが強いか、というと、、、

 

ビットコイン(仮想通貨)が滅びない理由

いわゆるアルトコインといわれる泡沫通貨はなくなったり統合されていくかもしれません。ただ、本道のビットコインやイーサリアムなどは滅びません。

なぜ滅びないか。

犯罪組織や各国の裏行動などで大いに活用されているからに他なりません。

資金洗浄とかいうやつです。資金洗浄とは、黒い金(犯罪で儲けた金)をきれいな金にすることです。例えば、麻薬売って大金を得たとします。それでおいしいもの食べたり一日や二日の豪遊ならばできます。ただし、高級外車買おうと思ったら無理です。「どこでその金を儲けたのか」と税務署がかぎつけてきます。豪遊をしまくっても同じ。税務署と警察が動き出します。不動産買うなんかもってのほかです。

つまり、黒い金(犯罪で儲けた金)は黒いままでは使い勝手が悪いので、きれいな金に変換したいのです。そこで便利なのが仮想通貨です。細かいウォレットにして分散したり、ほかの通貨との売買を多数重ねたり、、、と昔からいろんなマネーロンダリングの手法が繰り返されています。仮想通貨が他と違って便利なのは匿名性とボタン一つで複数の国を経由できるからです。分散しまくったら一国の司法・警察組織では追いきれません。

犯罪取引などでもそうです。覚せい剤を輸入したとして、ブツはたまに持ち込んだ人間が捕まっていますが、お金の渡し方も難儀します。とくに最近は億~十億単位の取引になってくるでしょうが、一億円でも大きさは(38cm×32cm×10cm)重さは約10kgもあります。隠すのちょっと無理じゃないでしょうか。10憶なら100キロもありますし。だいたい各国とも入国の際に大金は申告を義務付けられます。いろいろ無理。

仮想通貨ならボタン一発でどこの国でもどんな額でも送金できます。めちゃべんり。しかも多く国の国経由すれば警察も追いきれません。とくにいろいろゆるい途上国ならなおさら。

犯罪組織や、各国政府でもスパイやら買収やら(というと陰謀論者っぽいですが実際にありますし)、表に出せない金を表に出す、さらそれが簡単に国境を超える。

だから、仮想通貨はなくならないのです。無くなりようがないのです。

 

マイニングは収益性を見ながらになるでしょうか、こちらも需要がある限りなくならないでしょう。そもそもマイニングというのは仮想通貨の取引を処理してお礼にコインをもらうことなので、取引がある以上なくならないし、今後も処理は増え続けるので、しばらくは安泰でしょう。多くの人がやってるグラボマイニングの崩壊危機があるとすれば、何百万もするマイニング専用マシンがシェアを占め、グラボ勢におこぼれが来なくなったときでしょうか。ま、そんな心配はいらないです。拡大してるから。

 

仮想通貨3.0

仮想通貨3.0

マルク・カルプレス
1,320円(08/02 10:12時点)
発売日: 2019/05/30
Amazonの情報を掲載しています

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA