レッドデッドリデンプション2

西部劇時代のアメリカにタイムスリップ!レッドデッドリデンプション2続報動画!キタ――(゚∀゚)――!!

趣味/エンタメ

西部劇をリアルに丸ごと楽しめるゲームはこれだけ!

話題のレッドデッドリデンプション2の続報動画が公開されました。
このゲームは、西部劇時代のアメリカが丸ごとオープンワールドで再現されているゲーム。西部劇好きにはたまらりません。

ちなみに、オープンワールドゲームとは、だだっ広いフィールドを自由に動き回れるゲーム。昔のように決められた範囲しか動けないとか、ある程度レベルが上がらないと次のフィールドに行けないとか、そういうのが極力なくて、いきなり遠くとか高レベルゾーンとか

西部劇の世界がそのままゲームとして再現され、プレイヤーは自由にその中を動き回れる、つまり西部劇にタイムスリップしたのと同様な感じなわけですよお父さん。

レッドデッドリデンプション2では、まさに西部劇にタイムスリップしたかのような体験が味わえます。

時代背景としては、植民初期を脱して近代的に移行しようとする1800年代後半。無法者の時代が終わりを告げようかとしているあたり。まだまだ無法を続けてもいいし、清く正しく生きてもいいし、生き方はプレイヤーの自由のまま。

くわしくは、まぁ、下記のRDR2の最新動画を見てみてよ

前作と違って、自分のコミュニティーがあるようですね。フィールドのきれいさはもちろん格段に向上していますし、前作とは違って細かいところがかなりパワーアップされていますね。

前作では正直なところ途中で飽きちゃうこともありましたが、今回は背景のきれいさ・広さ・設定の細かさもあることから、かなり長く遊べそうです。
当然DLCなども順次発表されていくでしょうし、ロックスターゲームスがGTA5オンラインで味を占めたように、RDR2でも本編とは別にオンライン要素が拡張運営されていくのかもしれません。

発売は2018年10月26日。楽しみですね。

レッドデッドリデンプション2の予約・購入にはバージョン違いにご注意を

現在、アマゾンや楽天でも予約が開始されていますが、エディションがいくつかありますが注意です。

通常版(7,765円)のほかに「スペシャルエディション(9,535円)」「アルティメットエディション(13,824円)」があります。

通常版に加え、スペシャルエディションでは「銀行強盗ミッション」「ギャングの隠れ家」というミッションが追加で楽しめます。その他ボーナスアイテム「アクセサリ」「サラブレッド」「ガンマンコスチューム」「ゲームプレイブースト、ゲーム内マネーボーナス、割引」などがもらえます。

アルティメットエディションでは、上記に加え「オンライン」で使用できる追加アイテムがもらえます。「ボーナスコスチューム」「黒栗毛のサラブレッド」「キャンプ用テーマ「サバイバー」が無料で利用可能」「追加の武器が無料で利用可能」「ランクボーナス

追加アイテムとかいらないという人は一番安い通常版で。
楽にゲームを始めたいという人は2000円ほど高いスペシャルエディションで。
オンラインもガッツリ楽しみたいという人はアルティメットエディションで。

アルティメットエディションは通常版より6000円も高いけど、オンライン課金する人ならば初期によいスタートが切れるし、いいかもね。

個人的にはスペシャルエディションあたりがおすすめではありますが。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA