トヨタ新型クラウン

売れまくってる新型クラウン、レビュー動画が続々公開中。

その他, ドライブ, 自動車

話題の新型クラウンが爆売れ

なんと、発売一か月で3万台、月間半場目標の7倍だとか。すごいね新型クラウン!
カローラとの同居する広告を見たときはさすがにその扱いはどうなのと思いましたが、ふたを開けてみれば大成功の様子です!

はるか昔「いつかはクラウン」といわれたこともありましたが、いまやレクサスやBMW・Audi・メルセデスなどにそのポジションにとってかわられ、落日感久しかったクラウンさんでした。

セダンが死んだといわれる時代。お口を大きく開けたスピンドルグリルが鳥獣防止網みたくなったり、まっピンクなキチガイめいたカラーを出してみたりと迷走感ハンパない時期もありましたが、今思えば、それらもすべて今般の新型クラウンのために必要な時期だったのでしょう。

新型クラウンは、まず見た目がカッコいい。

ぜんぜんオッサン臭くない。スポーティーでカッコいい。ちょっと前に外車が4ドアクーペとかわけわからんこと言いだしてましたが、あんな感じでしょうか。クーペっぽいまとまり感を持ったセダン。なんのこっちゃい。

ま、なんやかんや言われるスピンドルグリルもうまい具合にクラウングリルに進化していてカッコいいですね。トヨタには珍しいシンプルかつ良いデザイン。

新型クラウン

トヨタってシンプルださいか自称シャレオツさんが作ったクソダサいデザインかの2極化が昔からなんですが、新型クラウンは誰が見てもまとまった良いデザインではないでしょうか。
スピンドルグリルなんて黒歴史に早く終止符を打って、この顔で統一すれば?とさえ思いますね。

トランスフォーマーみたいなクラウンマークはダサいとまでは言わないにしても微妙ですが、王冠マークではもうユーザーの心はつかめないのでしょう。

新型クラウンは、走りもイイらしい。

まず、公式ページで社長自身が走りに驚いている

従来の「静粛性と上質な乗り心地」が一般クラスでも実現され始めた今、もうそれらだけでは同クラウスのライバル車には勝てません。購買ターゲット層が昔のようにおじいちゃんに片足一歩突っ込んだ人間ではなくなって、いまでは60代前後でもまだまだ若さが残っており、走りもきちんと楽しみたいので、その辺をきちんと味付けする必要もあったように思われます。



内装がまだ安っぽいとか、いろいろ批判もあろうかとは思いますが。

概ね好調、その証拠に販売目標の7倍も売れているということではないでしょうか。

以下、仔細はYoutubeにあった試乗動画などをごらんいただければ。

youtubeに新型クラウンのレビュー動画は多数上がっていますが、おおむね好評の様子。
(売上)数字もそれを裏付けていますから、新型クラウンはやはり良い車、ということなのでしょう。

最近のクルマ評論家はメーカーの提灯持ち的な意見しか言わなくなってきているのですが、youtubeだと素人が試乗で好き勝手言ってるのが良いですね。良い点も悪い点も自分の好みで好き勝手言う。その好き勝手な意見が、プロのメーカー様ヨイショ記事よりはるかに面白い。

なんにせよ、新型クラウン、良い車です。値段もメンテ高すぎ君の欧州車なんかよりよっぽどいいし、きっと品質も欧州車よりも素晴らしいことでしょう。

>新型クラウン公式サイトはこちら



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA