The Crew2 バイクのゲーム中動画とリアル動画の比較

趣味/エンタメ

リアルアメリカ再現のThe Crew2

アメリカ大陸横断可能というなんとも壮大なレース&ドライビングゲームのThe Crew2

ベータテスト、オープンベータなどからすでにYoutubeでは多彩な動画が上がっていますが、その中でも面白い動画を発見したのでご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは車ではなくバイク。

車に比べてバイクは収録車種が少ないのですが、我らが日本勢はKawasakiとSuzukiのバイクが収録されています。

その中でもKawasaki・Z1000とH2(Ninja)の動画が比較にちょうどいいのでご紹介したいと思いました。

ちょっとその前に、

バイクでアメリカ大陸の旅といえば、ステッペンウルフの「Born To Be Wild」でおなじみEazyRider!
そしてもちろんバイクはハーレイデイビッドソン(キャプテンアメリカ号)

Harleyでアメリカ横断旅行とかも相当楽しそうなんですけど、ハーレーはすっとばすというより、ドコドコ感を楽しみながらゆったり旅する感じかと思います。

今回HarleyはTHE CREW 2に協賛しているみたいで、オリジナルモデルも収録されるようです。

さて、今回は、そういうゆったりとしたクルーズではなくて、スピード的な爽快感的なものの比較動画です。

Kawasaki・Z1000の走行動画を上げている人がいたので、リアル映像との比較をしてみたいなとおもいました。

Kawasaki Z1000の走行動画比較

Z1000とは

圧倒的な迫力を持つ「Sugomi」スタイリングと、スロットルを開けるほどに心が高鳴る「Sugomi」パフォーマンスを兼ね備えるZ1000。1,043cm³水冷4ストローク並列4気筒エンジンが放つパワーは、強力な加速と胸をすくようなエキゾーストノートを創出します。サスペンションはSFF-BP(セパレートファンクションフォーク-ビッグピストン)と、ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを採用することで、高い路面追従性能を獲得。また、人間工学に基づいたライディングポジションは、アグレッシブなイメージに貢献するとともに、高いコントロール性を実現。スロットルを開けた瞬間から感じる力強いトルクとキレのあるハンドリングによりスーパーネイキッドと呼ぶに相応しい優れた走行性能を誇っています。

~Kawasaki Z1000 公式ページより

The Crew2でのZ1000

かなり気持ちよく飛ばしていますね。爽快感かなりあります。このままアメリカ横断したい!

リアルでのZ1000

こちらはリアル映像、国内ではなく海外でのリアル映像。なので早いです。

 

Kawasaki Ninja H2の走行動画比較

Ninja H2とは

(Ninja H2Rの説明)

スーパーチャージドエンジンの新たな可能性を追求したスポーツツアラーNinja H2 SX。特有の強烈な加速力と扱いやすさを両立したこのモデルは、これまでのツーリングの概念を覆す程のパフォーマンスと魅力に溢れています。パワーユニットは究極の性能と日常での用途を目的に造りこまれたバランス型スーパーチャージドエンジン。常用域となる低中速回転域ではNinja H2を凌ぐパワーを発揮する一方、優れた燃費性能をも実現しています。新設計のトレリスフレームはタンデムライディングとパニアケースの装着に対応。加えてエレクトロニッククルーズコントロールや数々の電子制御技術が長距離走行をサポートします。また、リラックス且つスポーティなライディングポジションは、ワインディングから高速走行まで幅広く対応。快適性の高いシートとともにライダーとタンデムライダーに上質な走りを提供します。さらに灯火類はヘッドライトからナンバー灯にいたるまですべてにLEDを採用。フラッグシップモデルに相応しい機能を備え、ツアラーモデルに求められる多くの条件を満たしています。

~Kawasaki Ninja H2 公式ページより

THE CREW 2でのH2

やっぱゲームのほうは面白さを優先しているのか、爽快感がありますね。
まぁ、市街地でも無茶できますしね。ぶっちゃけ見てて面白いです。
バイク乗る身からしたらこんなこと街中では決してできませんけども。

リアルでのH2

無茶してます。海外なので制限速度あるのかアウトバーン的なのかよくわかりません。

 

やはり、リアルをシミュレートというよりは、ゲーム的な楽しさがありますね。
それにしてもTHE CREW 2、いろんな楽しみ方ができます。
やらないと人生損しますよお父さん!お時間とお小遣いあるならぜひ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA