2017
06.23
オイル交換の方法

【DIY】車のオイル交換は自分で激安!やり方は簡単!

パーツレビュー, 自動車

オイル交換って、みなさんどうしてます?
まさか、オートバックスとか、ディーラとかでやってます?

高いですよね??

車によって、使うべきオイルも量も違うと思うんですが、量販店やらディーラーやらガソスタやらは総じて高いです。
キャンペーンとかで安い場合ももちろんありますけども、そういう場合って、当たり前ですけども「それなりのオイル」しか入れてくれません。安いオイルだったり長期在庫品だったりです。けして「いいオイル」は入れてくれません。当たり前ですけど。

自動車にとって潤滑に使うオイルってとても大事です。クルマも長持ちしますし、性能だってアップします。安いオイルから高いオイルに入れ替えて車の変化を感じた方も少なくないのではないでしょうか。

安くて質の悪いオイルよりは、質の良いオイルを入れたほうがいいに決まってる。でも、外で入れたら高いので、少しでも安くしたい!ならば!自分でオイル交換しましょう!

オイル交換って、むつかしそうでしょう?でも、実は、やり方は超簡単!

自分でやるから手間賃が省けるので、その分オイルに費用を当てることができます!また、逆に、とにかく激安に仕上げたい方にとっては、手間賃がいらない分だけ安い費用で済ますこともできます。(安いオイルを頻繁に入れ替えるのも車にとっては良いかもですね。)

さて、オイル交換の方法。

 

1)まず、オイルレベルゲージからオイルを抜きます。

この道具を使います。オイルレベルゲージにホース突っ込んでシュポシュポするだけの簡単オイル交換道具!

手軽にオイル交換!手動式オイルチェンジャー 能力4L/分 容量6L

 

2)オイルを捨てて、燃えるゴミで決まった曜日に出しましょう。

吸い取ったオイルは、下記のオイル処理箱などで吸い取って捨てましょう。

下記の処理箱じゃなくても、(1)ゴミ袋にいらない紙とか布とか(シュレダーした紙とかベスト)を入れてオイルを吸い取らせて(2)スーパーとかで段ボールもらってきて入れる、でもOKです。

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L 1604

ワタクシの地域は燃えるゴミに出してOKでした。市役所に電話して確認してくださいね。

 

▽ わかりやすい動画はこんな感じ。

 

オイル交換はDIYで自分でやるが超おすすめ!!

なぜ勧めるか、といえば、「やってやった感」があるからです!!

クルマをいじる楽しみ、みたいな感じ?
たかがオイル交換されどオイル交換。「めんどくさい」では決してなく、やること自体が「楽しい」です。マジで。

しかも、自分でやるから手間賃かからないし、その分オイルにお金使えるし。

多くの人って、鉱物オイル入れるのが当たり前だと思うんです。しかも多くの人が安いものをお店任せで高く入れてる。いちど高いオイル入れてみてください。全部合成のカストロールの高いのとか、ワコーズのすごいいいのとか、ね。
へたなチューニングよりもよほどよいフィーリングが得られるかと思います。

どのオイルが自分の車に合うかは調べてね。

少なくとも1年に1回、クルマをよい状態でよいフィーリングを得たいならば半年に1回くらいで。

自分でやって激安。そして楽しむ。

自分でオイル交換ぜひ、おすすめです!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA