2016
10.22
タイヤが売れない 販売不振

2016年タイヤ販売がメチャ落ち込んでるみたいですね。

自動車

GfKジャパンさんによる、恒例の自動車タイヤ販売速報の2016年9月版が出ました。

そちらによれば、9月のタイヤ販売は本数・金額それぞれ前年比マイナスとなりました。(上記タイトル図参照)

同社によれば、前年比2割減だった8月と比べるとマイナス幅は小さくなったものの、依然厳しい状況が続いているとのこと。

では、8月・7月・6月はどうだったのかというと、、

 

2016タイヤ販売大幅減

 

(´Д`|||) ドヨーン

連続マイナス続いてますわ。

タイヤ、売れてないですね。
気候が変わってスタッドレスシーズンも遅く短くなったし、タイヤも長持ちするようになったし、アジアンタイヤも安く(昔より)質もいいし、大変です。

そういえば、あちこちいろんな業種で販売不振ニュースが目立ってきました。
オリンピック終わったばっかりだからテレビが大変なんだってね。

>>4Kテレビの価格崩壊始まる!? どうなった? リオ五輪終了後の液晶テレビ市場(価格.comマガジン)

だいじょうぶか日本経済。

 

 

でも売れてないから、消費者にとっては、安くタイヤが手に入るチャンスともいえます。業界が競争激しくなって、値下げや、値下げ交渉もしやすくなるでしょうし

 

タイヤ販売不振の仔細な内容は、以下のPDFファイルよりご覧いただけます。

>> GfK 2016年9月の自動車タイヤ販売速報(PDF)

>> GfK 2016年8月の自動車タイヤ販売速報(PDF)

>> GfK 2016年7月の自動車タイヤ販売速報(PDF)

>> GfK 2016年6月の自動車タイヤ販売速報(PDF)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA