2016
09.10
「パナメーラ 4 Eハイブリッド」

「パナメーラ 4 Eハイブリッド」公開&販売(動画あり)

自動車

ポルシェは9日、フランスはパリモーターショー(2016年10月1日~16日)において、パナメーラのプラグインハイブリッド車である「パナメーラ 4 Eハイブリッド」を発表する。

さらに、このワールドプレミアの「パナメーラ 4 Eハイブリッド」は10月11日より、ポルシェジャパンにおいて予約受注が開始される。価格は1,407万円(8速PDK/右ハンドル)

 

新型パナメーラ

V型6気筒2.9Lツインターボ+電気モーター(最高出340kW(462PS)/6000rpm)

電位制御式4WDを備え、燃費は欧州基準(NEDC)で2.5L/100km(CO2排出量は56g/km)となっている。

モーターだけでも50kmもの航続距離があるが、718同様、プリウスなどのエコカーとは違い走行のためのハイブリッド志向であって、以下のようにくどい文章が発表されています。

新しいポルシェのプラグインハイブリッドは、つねに電気の力のみで走るEパワーモードでスタートし、ゼロエミッション車として最高速度140km/h、最大航続距離50kmまで走行が可能です。それと同時に、このパナメーラは、ラグジュアリーサルーンにおけるスポーツカーでもあります。この4WDのポルシェは最高速度が278km/hに達し、静止時から遅滞なく700N・mのシステムトルクを発生します。この4ドアハイブリッドスポーツカーはわずか4.6秒で100km/hに到達することが可能です。トルクは4輪全てに伝達され、標準装備の3チャンバーエアサスペンションが快適性とダイナミズムの最適なバランスを常時確保しています。

ポルシェ918スパイダーをベースとした新しいハイブリッドコンセプト
最高のパフォーマンスが得られるのは、偶然ではありません。ニューパナメーラ4 E-ハイブリッドは、このセグメントでは見られなかったハイブリッドコンセプトを採用しています。それは918スパイダーをベースとしたコンセプトです。652kW(887PS)の918スパイダーは、ニュルブルクリンク北コースをこれまでの市販車の最速タイムで走り抜けた車両です。6分57秒というその記録的なラップタイムを可能にした要因のひとつは、2つの電気モーターがもたらす追加パワーにありました。

>詳しくお知りになりたい方は、こちらからご覧いただけます。(文章くどいけどね)

 

>>ポルシェジャパン「パナメーラ 4 Eハイブリッド」のページはこちらから

 

かっこいいのかどうなのか、筆者にはわかりません。
ポルシェ大好きファミリーが買うのでしょうか。

やすい戸建てが建設できるほどの価格ですので、これ買う人なら家族用には乗り心地のいい車買って、自分用には911とか買えばいいのに、って思うのですが、家族でポルシェ、すごいターゲット狭そうで、ちょっとどの辺にニーズがあるのかよくわからないです。

都内でも走っているのはたまに見かけますが、イベントごとや、観光地などではパナを見かけることはなく、どんな人が買ってるのかちょっとよくわかりません。

投資対象になるような感じではないと思いますが。

ホイールベースが約3m(2950mm)、全長が約5m(5049mm)で、見た目がポルシェですから、なんといいましょうか、どう見ても奇妙な感じが否めません。。。

チョット⊂(○`Д´)⊃マッタァ!

ただし!

見慣れたらポルシェ好きにはたまらない感じがするであろうことは理解できます。

なぜなら、かつて名車 BMW Z3 の兄弟車としてクーペモデルがありました。

あれがパナと同じく、ベース車(Z3)をびろーんと長くした感じで奇妙だったのですが、BMW好きとしては見れば見るほどカッコよく思えてきたのです。

見よ!この圧倒的個性を!
>>BMW Z3 Mクーペの画像たくさんへのリンク

Z3クーペ、けっこう人気で、たまに見かけたし、Mクーペは今でも中古流通少なく高値だしね。

ま、あっちはどこまでいっても2人乗りでしたが

参考動画

 

さて、パナメーラ。

食いしん坊万歳の名言でしたっけ?

「好きな人にはたまらんでしょうなぁ」

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA