2016
03.17
新型NSX、なんとS660に負ける

新型NSXなんとS660に負ける?!

趣味/エンタメ

なんと驚き、新型NSXがS660に負けてしまいました!

∑( ̄Д ̄;)マジカー

ネットではジャンアレジ無双とかいわれてます。
後藤久美子の旦那が空気読まずS660で爆走で新型NSXに見事勝利!

 

これは、鈴鹿にて3月12日に行われた「Hondaスポーツ タイムハンデマッチ」での一幕。
タイトルどおりタイムハンデでつけての戦いですけどね。

鈴鹿にて、ジャンアレジが乗るS660!
続くは、シビックType-R、CR-Z、
そして、新型NSXには山本尚輝選手の対決。

それぞれのハンデタイムでスタート。

ホンダの思惑としては本命の新型NSXが後ろからブッチぎって「すごいぜ新型NSX!ワオ!!」ってしたかったんだろうけど、久美子の旦那が空気読まずに爆走、新型NSXはスタート遅れるわコーナーにぶっこんでふらつくわなんやかんやで負け、、、。山本選手切腹の巻。

 

以下の動画でS660の健闘をお楽しみください。

 

ま、でも新型NSXがめちゃくちゃ早いのは確かだけどね。見てるだけで早いし、コーナーもめちゃくちゃ安定してそう。すごくいい車に間違いはない。逆にアレジに乗せてたらぶっちぎられてたんじゃないかな。

ま、デザインのカッコよさは初代に及ばない気がするけどね。

初代NSXは今見ても最高にかっこいいよね。
現時点での旧NSXの中古価格は、カーセンサーによると「平均価格 486.7万円 価格帯 288万円~1420万円」意外に安いなとは思いますが、スペシャリティ&旧車のため維持は大変そうですけどね。

旧・初代ホンダNSX

初代NSX伝説

世界初のオールアルミニウムモノコックボディ!そしてなんと手作り!
フェラーリにも影響を与えた(F355)
発売当時3年先までのバックオーダー、中古車が新車を上回るほど。(バブル崩壊でキャンセル相次いだとのことだけど…)

>> ウィキペディアNSX

>> HONDA公式NSXサイト

 

それにしても、S660もすごい人気のようで、、

発売当初は納期1年待ちとかもあったほどですが、最近では街中でもよく見かけるようになりました。女性ユーザーなんかも多く見かけます。

オートサロンや車のイベントなんかでもS660をベースとした各社のデモカーをホントよく見かけます。軽自動車ということもあってカスタマイズしやすい面もあるでしょうが、ベース車両としてのポテンシャルの高さ、見た目のかわいさもあるのではないでしょうか。

公式で土谷圭市氏が手がけたS660 Moduloはよさそうですね。

 

ほかにもYoutubeなんかにも動画いっぱいあがってて、見てるだけでも楽しそうです。

ただ、軽だからかやっぱり背の高い人が乗ると頭が出てる人もいて、クローズ時の頭上大丈夫かとか事故ったときアタマ大丈夫か?とかおもったりしますけどね。

 

新型NSX

▼こちらのブログに詳しいです。

>> ホンダ新型NSX正式発表!2016年春発売 価格1890万円、スペック文句なし!

この価格だと「安い」部類じゃないでしょうか。ま、どちらのせよ一般向きではないですけどね、、、。

GT-Rとならび、日本が世界に誇る「スゲェ車」、ぜひ販売停止までがんばって伝説作ってもらいたいです。

 

>> 新型NSX(アキュラ)

 

以下、余談ながら…

MSXじゃないよ

>> MSXとは

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA