2017
11.01
スズキ「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)

スズキのブースで気になったのは/東京モーターショー2017

その他, 自動車

タイトル画像はコンセプトカー

スズキが次の100年に向けて提案する
未来のコンパクトSUV「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」

  • ジムニーやエスクードが持つスズキのコンパクトSUVの魅力を継承した、スズキが次の時代に向けて提案する未来のコンパクトSUV。
  • ラダーフレームと軽量・コンパクトボディーによるスズキSUV伝統の走破性はそのままに、電動化のもたらす新たな4WDの可能性を提案する。

とのこと。

未来のEVジムニーってとこですか。かっこいいけど、イマイチよくわかりません。

 

それよりもハスラーリッターカー版の「XBEE(クロスビー)」

従前の自動車情報誌&サイトでも話題になっていたハスラーのリッターカー版のクロスビーですよ!

広い室内のワゴンとSUVを融合させた
新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン「XBEE(クロスビー)」

  • 「もっとみんなで、もっと遠くまで遊びに行きたい」「もっとかっこよく人生を楽しみたい」都会でお洒落に、レジャーでアクティブに、様々なライフスタイルに似合う小型クロスオーバーワゴンを提案する。
  • 取り回しの良いコンパクトサイズにクラスを超えた広い室内空間を持つワゴンパッケージと、ラフロードに対するSUVの走破性や機能性を両立させ、それらをSUVらしい力強さと逞しさ、一目見たら忘れられない個性的なデザインで実現した、新しいジャンルの小型クロスオーバーワゴン。

 

今回はノーマル・アウトドア・ストリートと3モデルでの出展!(※ 画像・上から順)

 

ハスラー「XBEE(クロスビー)」


外観は見た通りハスラーな感じ。実際に前後乗ってみてみましたが、やはり広くなっている感はありました。

ただ、なんというか、ほかのコンパクトカーやリッターカーと違い、どうも「薄い」感じがします。薄い、というのは、剛性が弱そうとかそういう感じではなくて、ドアや屋根や足元や、、、なんか鉄板が薄いというか、しょせんは軽ベースなのかなというか。。。
ハスラーのリッター版という通称はあっても、実際はハスラーがベースではなく、プラットフォームからなにから全部ちがうんですけどね。

アクアやフィットなどとはガッチリ感が違うのですよ。表現しにくいが。
ソリオに初めて乗ったときもそんな感じがしたなぁ。

接客担当の方にいろいろお話を伺ったら、そうですね、「しっかり感がちがうかもしれませんねぇ、、」って苦笑されてました。
「ハスラーって乗り心地悪いって評判がありますよね?」と質問したところ、「我々もそれは認識していて、とくに後ろが酔うという声が聞かれるものですからその点はクロスビーではどうぞご安心ください」とのこと。

モーターショーですから、実際に乗れるわけはないのですが、乗った感じはやはり視座も高く大丈夫かなコレ?って感じはしましたけども、社員の方がそういうんだから、きっと乗り心地は格段に良くなっていることでしょう。ワゴンRベースじゃなくなってるしね。

スズキのマイルドハイブリッドになるのかな。ベースはイグニスっぽい。

めちゃくちゃうれたから、ある程度はこれも売れそうだけども、「軽だから売れた」ってのもあるので、どうだろうね。



 

仔細は以下からご覧いただけます。

>>東京モーターショースズキブースの詳細

 



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA